時代屋プロ 其の2   

                         

大道芸・皿まわし

『大道・時代屋・流皿まわしは、今をさること三百八十有余年前、徳川の名君と謳われた三代将軍・家光公の御時、寛永三年の春の宴におきまして、家光公の御前で披露しましたるところ、大変御意を得まして・・・』と、口上よろしく、「道中まわし」・「土佐の高知は一本釣り」・「胡蝶の舞」・「大名行列は槍持ち」・「ひばりの舞」・「鶯の谷渡り」と、あれよあれよと妙技を披露していく。幼児・児童からお年寄りまで、大変喜ばれているレパトリーの一つ・・・。

               
は〜い!胡蝶の舞でござ〜い!二匹の蝶が中睦まじく遊んでおりまする、            続いては、華麗なる三色スミレの段々畑でござ〜い!


     
                      JR京都駅前・京都リーガローヤルホテルにて

                                                    

inserted by FC2 system